読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

赤色のケトル

いつか、どこかの誰かの役に立つことを願って記すメモ帳

dein.vim を導入する

vim

個人的なメモとして記す。

導入手順

$ mkdir ~/.cache/dein
$ cd ~/.cache/dein
$ curl https://raw.githubusercontent.com/Shougo/dein.vim/master/bin/installer.sh > installer.sh
$ sh ./installer.sh ~/.cache/dein

以上を実行して、出力されたテキストを .vimrc に貼り付け、以下の「.vimrc の設定」のように書き換える。また、~/.vim/rc 内に dein.toml と dein_lazy.toml を作る。

.vimrc の設定

" dein.vim の設定 -------------------------------
  if &compatible
    set nocompatible               " Be iMproved
  endif

  set runtimepath+=/home/hoge/.cache/dein/repos/github.com/Shougo/dein.vim

  " プラグインが実際にインストールされるディレクトリ
  let s:dein_dir = expand('~/.chace/dein')

  " 設定開始
  if dein#load_state(s:dein_dir)
    call dein#begin(s:dein_dir)

    " プラグインリストを収めたTOMLファイル
    let g:rc_dir = expand('~/.vim/rc')
    let s:toml   = g:rc_dir . '/dein.toml'
    let s:lazy_toml = g:rc_dir . '/dein_lazy.toml'

    " TOML を読み込み、キャッシュしておく
    call dein#load_toml(s:toml,      {'lazy': 0})
    call dein#load_toml(s:lazy_toml, {'lazy': 1})

    " 設定終了
    call dein#end()
    call dein#save_state()
  endif

  " 未インストールのものがあったらインストール
  if dein#check_install()
    call dein#install()
  endif

TOML ファイルの設定

dein.toml

[[plugins]]
repo = 'Shougo/dein.vim'

[[plugins]]
repo = 'Shougo/unite.vim'

[[plugins]]
repo = 'ctrlpvim/ctrlp.vim'

[[plugins]]
repo = 'Lokaltog/vim-easymotion'

[[plugins]]
repo = 'w0ng/vim-hybrid'

[[plugins]]
repo = 'itchyny/lightline.vim'

[[plugins]]
repo = 'tpope/vim-fugitive'

dein_lazy.toml

[[plugins]]
repo = 'Shougo/neocomplete.vim'
on_i = 1

導入に際して参考にしたサイト

qiita.com
qiita.com
qiita.com